WORKSHOP

イベントレポート

TOP イベントレポート一覧 2018年6月23日ワークショップ「ファスナーで変身する3wayシュラフ」
YKK主催
イベントレポート

2018年6月23日ワークショップ「ファスナーで変身する3wayシュラフ」

開催日 2018年6月26日()
開催時間
6月23日(土)、ファスナーの開け閉めでレジャーシートやポンチョにもなるシュラフを作るワークショップを開催。2家族を含む8組12名の方が参加されました。アウトドア作品のせいか、いつもより男性が多くいらっしゃいました。

作り方は、タマゴのような不定形の生地の周囲にぐるりとファスナーを縫い付けるというシンプルなものですが、生地のサイズが大きく、使用するファスナーも5.6メートルと長い上に、同じところを3回縫うため、作業はかなりハードでした。
ミシンに慣れていない方が半分くらいいらっしゃる中、「難しい!」を連呼しながらも途中で音を上げることなく、全員がとても熱心に取組み、シュラフを完成させました。
大きな生地を広げてまち針を留めるときは参加者どうしで協力し合ったり、家族で交替しながら縫製する姿が微笑ましく思われました。

講師は本業の傍ら、ファスナーを使ったユニークな作品を提案している建築家の松原正佳氏。工程毎に一人一人の仕上がり具合をチェックしながら、丁寧に指導して下さいました。
苦労が大きかっただけに完成したときは皆さんとても嬉しそうで、ポンチョをまとって記念写真を撮っていらっしゃいました。
「キャンプに持って行きたい」、「フェリーに乗るときに使いたい」、「防災グッズにしたい」等の声が聞かれ、使用目的をはっきり持って参加された方が多かったようです。「ファスナーの使い方が面白かった」「ミシンがたくさん使えてよかった」という声もいただきました。

今後もファスナーの面白い使い方を提案するワークショップを考えていきますので、お楽しみに。